CROSS TALK 01

“クロストーク”

組織を変える、
新しい風に期待する。

東光高岳の若手社員は、実際にどのような働きかたをしているのか。また、そこにあるやりがいや、若手社員への期待とは。上司・部下の対談を通して、それぞれの視点から東光高岳で働く魅力を語ってもらいました。

M.K.

M.K.

エネルギーソリューション事業本部
ソリューション営業部
ソリューション営業グループ

T.U.

T.U.

エネルギーソリューション事業本部
ソリューション営業部
エネルギーコンサルグループ

トラブルを解決する時、
人は一気に伸びる。

M.K.
もともと農学部で、学生時代は微生物学を専攻してました。それも、微生物を研究することで多糖の生成をより効率的にする方法を探るというマニアックなもので。その影響もあったのか、目に見えないけれど人の役に立つものに興味があって、就活ではインフラ系を志望したんです。東光高岳への入社を決めたのは、人事の方が話される姿がイキイキしていて、直感的に楽しそうと感じたから。まさか1年目の7月の配属で自分が営業をすることになるなんて、その時は思いもしませんでしたけど。
T.U.
私はもともと15年ほど技術職にいまして、画像解析の開発・設計、プログラミングに関わっていました。2年ほど前に営業に異動し、今はこれまで15年間自分がつくってきたものを、実際に営業としてお客さまに販売するという立場です。営業という仕事は、提案力がすべてですので、製品に使われている技術をしっかりと把握していることがなにより大切。だからこそ、今の仕事は技術職で働いていた15年間の延長線上にあると考えています。Kさんとは、この部署で上司・部下の関係になる前に、新人の営業研修で私の部署に2週間来ていた頃に出会いました。
M.K.
そうでしたよね!私は初期配属では、パワーエレクトロニクスグループという、電気自動車用の急速充電器の販売担当になりました。そこで営業の経験を積んで、今年度からソリューション営業部に異動になって、改めてUさんの部下になったという感じです。ソリューション営業部は、製品に使われている技術の内容も難しく、営業でも技術上がりの方が多いので、正直「来てしまったな」と思いましたね(笑)。
T.U.
そうだったんだ。私としては「楽しみなんだろうな」という印象でしたね。嫌々って感じはまったく受けなかった。彼女自身、本音が出るタイプの人柄だと思うので、これから大変なことはあるにせよ、ワクワクしているような印象でした。実際に働いてみて大変なのは、やっぱりトラブル対応?
M.K.
そうですね。お客さまからいただくご意見って、やっぱり最初のうちはどう答えたらいいかわからないことも多いですから、一つひとつ、対応の仕方を覚えていくのは大変です。
T.U.
どんな指摘がくるか、どう対応したら良いかというのは、経験を積めばだんだんと身についてくること。その経験がある人間が対応を代わってしまえば簡単な話なんだけど、面白いことに、トラブルを解決する時に、人は一気に伸びるということもある。結局は社内の信頼というのも、そうやって積んでいけるものだと思うし。
M.K.
特に難しいのは、相手方に専門的な知識がない場合。トラブルシューティングの方法が電話越しではなかなか伝わらない時ですね。先輩に聞いたり、あらかじめ用意されているチェック項目を丁寧にヒアリングするということを繰り返していく中で、少しずつ自分の身になっていくといいと思っています。
若手だから、
女性だからこそ起こせる
ブレイクスルーがある。
T.U.
Kさんの強みは、その印象の良さ。実はなかなかうちの会社にはいないタイプというか、抜群に印象はいいと思う。明るいし、芯も強い。技術の話は、わからなければ学んでいけばいいし、今はわかる上司に振ってしまえばいいんだから。
M.K.
ありがとうございます。仕事をする上で、たしかに色々な方と常日頃からコミュニケーションを取るようにはしていますね。私も、あまり自分みたいなタイプが会社にいないなとは感じていて(笑)。はじめはもっとおしとやかなほうがいいかなとも思ったのですが、みなさんが受け入れてくれて、風通しのいい会社だなぁと思います。
T.U.
これまでは先輩と一緒に受注を取りに行っていたと思うけど、そろそろ独り立ちというか、Kさん自身の力でお客さまの輪を広げていけるようになるといいよね。
M.K.
はい!今は覚えることがいっぱいですけど、早く自分なりの勝ちパターンをつくりたいと思っているんです。余裕を持つことだったり、たとえ女性だとしてもこちらからちゃんと知識やノウハウを提示して、ある意味でギャップをつくってみるとか。
T.U.
これはKさんに本当に期待していることで、この東光高岳という会社にブレイクスルーをつくってほしい。女性ならではの視点で、新しい仕事や提案を持ってきてくれることを願っています。それが、組織の活性化や新陳代謝にもつながっていくと思うので。私たちが会社のやり方を変えてやる!くらいの意識がもっといろいろな場所から生まれてもいいと思うね。
M.K.
それは…責任重大ですね。精一杯頑張ります!

-MESSAGE-

学生のみなさんへメッセージ

学生の中には、華やかな仕事を希望される方も多いと思います。確かにそういった意味で、うちはもしかすると地味な印象かもしれない。ただ実際は新しいこともできるし、それを支えるバックアップの仕組みも整っているんです。実は、今全社的に大きなビジネスになろうとしているクラウドサービスは、もともと私が技術職にいた頃に手掛けた小さな仕事がきっかけになっていて。お客さまからの依頼に応えるだけではなく、一つひとつの仕事に自分なりの「企み」を入れられるチャンスが、この会社にはある。だからこそ、チャレンジする環境はいくらでもつくり出せると思います。

T.U.

この会社の何よりの魅力は、OJT(On the Job Training)で現場のプロの方からマンツーマンで学べる環境があること。私自身、今の仕事とは全然関係のないことを大学では学んできましたけど、今こうやって、新たな自分のやりがいや可能性を見つけはじめています。電気って、なかなかとっつきにくい分野で、大学から専攻していないといけないというイメージもあるかと思うんです。けれど、そういった苦手意識を持たず、やってみよう!というような気持ちで入ってくれると嬉しいです。知識も大切だけれど、やっぱり意識のほうが大事だと思うので。あとは、この会社は育児休職後の復帰率が100%、時短勤務もあり働きやすいなど、福利厚生もよいので、女の子にももっと入って欲しいな!(笑)

M.K.