INTERVIEW VOICE 02

“先輩社員の声”

仕様決め・設計・
提案など、
世界トップレベルの
ものづくりに
携われる職場です

電力機器事業本部 配電機器製造部
開閉器設計グループ

2014年入社出身:電子工学科修士課程

体を動かすの大好き。集中を求められる仕事ですが昼休みのフットサル、休日のランニングで気分転換すれば爽快、ストレスも吹き飛びます。

体を動かすの大好き。集中を求められる仕事ですが昼休みのフットサル、休日のランニングで気分転換すれば爽快、ストレスも吹き飛びます。

世界一の品質を
担保するものづくり

専門分野や有名企業であることよりも、新しいものを自分の手でつくり出せるチャンスを求めて就職。設計用のCADは入社後に使い方を覚えました。慣れない電気設備の実験では他部門の電源まで一緒に止めてしまう大失敗もしました。2016年の夏には電力会社の技術技能大会のためにデモンストレーション用の開閉器を試作し、大会に参加するオペレーターの方たちに機械の動作をレクチャーする機会がありました。開閉器は遠隔操作で使用するため、オペレーターの方たちは操作画面はよく知っていても開閉器本体やその動き方を実際に見たことがないからです。使用する方たちの声を実際に聞くことは、電力供給を最前線で支える緊張感が少し理解できてとても興味深い体験でした。日本の停電時間の短さは世界一。その実績に深く貢献しているのが開閉器です。入社前はまったく知らなかった世界ですが、今は開閉器の品質を支える仕事にやりがいと誇りを感じています。朝から周りが見えなくなるほど集中して仕事に取り組んだら、昼休みはフットサルへ。ボールを蹴れば疲れもストレスも吹っ飛びます。部署も年代も違う仲間との交流はいい気分転換です。

  • 志望動機
    ものづくり、特に開発や設計ができる仕事が希望でした。東光高岳では限定的な狭い範囲の仕事を繰り返すのではなく、一つの製品全体にかかわって新しいものをつくり出せるチャンスがあると感じたからです。
  • 現在の仕事
    開閉器パーツの設計、試作品の製作・テストを行っています。電力会社向けに技能訓練用のデモ機制作をしたり、各電力会社に出張してオペレーター向けのレクチャーも行います。
  • 東光高岳はどんな企業?
    人間関係などを含めとても働きやすい環境だと思います。設計は製造の上流に位置するため、企業によっては他部署に対して上から目線になりやすいかもしれませんが、東光高岳では対等な立場で意見交換するなど、いい関係で仕事ができています。
  • 5年後の自分は?
    尊敬する先輩を見習って抜きんでた専門技術を身に着け、開閉器を一からすべて設計して新たなものをつくれるような技術者を目指したいと思います。

-One Day-

08:30

出社

09:00

打合せ

メールチェックのあとは同僚と仕事の打合せ。

10:00

設計

CADで回壁の設計図面を作成。

12:00

お昼

「フットサル場まで社内移動用自転車で猛ダッシュ!」急いでランチをすませて昼休みは仲間とフットサルを楽しみます。

14:00

試作品の製作

設計した機器の試作品を組み立てます。試作器は1人ですべてつくるのでやりがいがあります。

17:00

退社