INTERVIEW VOICE 04

“先輩社員の声”

お客さまに
一番近い最後の
東光高岳製品の
品質を守ります

電力機器事業本部 電力機器品質保証部
品質管理グループ

2008年入社出身:工学部保有資格:品質管理検定 2級/3級

趣味はライブ、コンサート。社内結婚の主人とライブ・コンサートに行って、休日を満喫しています。

趣味はライブ、コンサート。社内結婚の主人とライブ・コンサートに行って、休日を満喫しています。

人に恵まれた
働きやすい職場環境

2015年7月に製品の品質向上に関する取り組みをする品質管理グループに異動しました。品質管理とは、お客さまが求める製品を提供することに関わるすべての活動のことを指します。そのためには、製品品質を高め、不具合・不良を無くすことが必要で、現場の品質意識を高めるなどの取り組みをしています。不具合・不良の発生について、4M変動管理(人のMan、設備のMachine、材料のMaterial、方法のMethod)や、3H管理(「はじめて」と「変更」と「久しぶり」という品質に影響が出やすい事象の頭文字)が重要となります。例えば、Manはベテランから、経験の浅い作業者に変わったために品質が落ちるといったことが発生しやすく、品質低下を防ぐ方法を考案します。これを現場に周知、実践してもらうためにポスターを作成したこともあります。センスに自信がなかったのですが「なかなかいいね」と上司に褒められ、現場に掲示してもらっています。社内からは好評で、資材部門からも協力会社向けに品質管理ポスターの作成を依頼され、説明会などでも利用していただきました。少しは役に立てたかなと、嬉しかったですね。職場は男性社員が多いですが、男女関係なく、プライベートを犠牲にせずに、充実した仕事ができる環境があり、通院のための勤務時間調整にもちゃんと対応してもらえるので安心です。社内結婚した夫とは、家事も分担してそれぞれがんばっています。

  • 志望動機
    工学部で学んだことを活かせて、生活と密接にかかわる電力インフラ関係の仕事がしたいと考えて企業を探し、東光高岳と出会いました。身近な電柱の上に設置されている、電力機器を製造している会社であることを知り、自分たちが知らずに利用しているものをつくっている企業に興味を持ち、入社しました。
  • 現在の仕事
    会社が扱っている電力機器の品質管理です。お客さまが求める高品質な製品を提供するため、現場の意識向上のための工夫、製造現場を見回る品質パトロールも担当。新製品ができた時や、設計変更などがあった場合に、お客さまに申請をする業務も行います。
  • 東光高岳はどんな企業?
    男性が多いですが、気さくな方ばかりでコミュニケーションが取りやすいです。福利厚生がしっかりしていて産休・育休を取った女性の職場復帰率はほぼ100%。社員を大切にする会社です。
  • 5年後の自分は?
    品質管理は納品手前の最後のであり、工場の中では、お客さまに一番近い存在。だからこそ、やりがいと責任を感じます。8年間携わってもまだまだ知らないことが多いので、博識な上司を見習い知識を吸収し続けて、品質管理についてもっと詳しくなりたいと思います。

-One Day-

07:45

出社

先に家を出るご主人を送り出して早めに出社。

10:00

型式登録申請書を作成

わからないところは先輩に教えてもらいます。

12:45

審査

午後の仕事、出荷ライン審査を行います。

15:00

パトロール

品質管理のパトロールで社内を巡回。

17:00

退社

共働きなので、食事は先に帰った方が作ります。